見学者

見学者

更新日:

5月下旬に新潟県五泉市民生委員児童委員総勢26名の方が見学に来てくれました。見学の方は、障害者、その家族、支援学校職員、福祉関係者、一般の人等、多くの方が訪れてくれる。そのような中、富岡製糸場が世界遺産に登録してから、関東近隣の民生委員の方が団体で研修を目的に見学に来ていただくことが多くなった。目的の場所は、富岡製糸場なのか当法人なのか気になるところではあったが、断ることなく、「どうぞ見学してください。」とお願いしている。それは、皆さんがいつも感心し、少し感動をして帰途に着くからで、訪問時の挨拶の様子(心のありよう)が見学途中から変化して、見学が終了するころの、表情や関心度が急激に変わることに気付かされるので、ある意味「よかった。」とホットする部分と「してやった。」と富岡製糸場に肩を並べたなと自己満足する部分が揺れ動くからで。知的に障害がありながら地域で精一杯活動し、地域の人との共存が、あたり前に受け入れられている事を感心していただける様である。

多くの方に、障害者の生活の現状を知っていただけることは、ありがたいと感じています。

「誰もが精一杯生きている姿は、見る人、皆、感動を覚える。」

これから秋に向かい、東京都世田谷区、東松山市の民生委員の見学が予定されたいます。  なお、新潟県五泉市の民生委員の方は、富岡製糸場は、見学に入っていなく、当法人の見学を中心に計画されたとのこと。有難く感謝のしだいです。

 

-見学者

Copyright© 明日 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.